2017年3月の研究会報告
日時 2017年3月4日(土)15:30〜
会場 麻布中・高校

1 勝木氏と小沼氏のこと 笠 耐
2 衝突の問題 本弓 康之
3 慣性力の測定 増子 寛
4 探究実験実施報告 千野 司
5 超音波を利用した定常波の実験 影森 徹
6 スロー動画を活用した電気の実験 今和泉 卓也
7 動摩擦力に抗してする仕事とPSEUDOWORK 鈴木 亨
8 手軽にできる音速測定 定常波 湯口 秀敏
9 半減期モデル実験 湯口 秀敏
10 波の授業・他 石井 登志夫
11 光源装置の光源 喜多 誠



今回は30人が参加し,盛会でした。



笠さん APEJ草創期の頃からご活躍されていた勝木先生と、現在世界平和活動をされている小沼先生の紹介。


本弓さん 衝突現象は、質点では考えられないので、質点+バネで捉えるしかない。エネルギー保存との関係も。


増子さん スマートカートで、台車の上にある台車の加速度を、計測で示せます。


千野さん 6時間分の授業をかけて、生徒一人一人が課題を考え、自分たちで解決して行く授業の紹介。

 
 
影森さん 2年前の通信に載せた実験。超音波で定常波を作り、1mmの発泡スチロールを空中にトラップする。


今和泉さん スマホアプリ「ウゴトル」などを使って、ハイスピード撮影を生徒自身が行って分析する。


鈴木さん 静止した床との摩擦は、質量の巨大な物体との相互作用で考えてみる。

 
湯口さん 音声解析ソフト「振駆郎」を使い、バドミントンのシャトルの筒をつなげて、音速測定を行う。


湯口さん おはじきにシールを貼って、半減期モデルのグラフを描く生徒実験。

 
石井さん 9時間分の、音と波動の授業プラン紹介。動きがあると、どこに注目させるかが授業のポイント。
+αで、可愛らしい屈折の演示装置の紹介。


喜多さん 7連LEDライン光源を作成しようとし、高輝度のLED光源を購入し、分散などを実験した。